うぐいすのねごと

ポケモンに関する、うぐいすのねごとです

【SMs6使用構築】最高レート 2087 瞬間最高10位

どうも、うぐいすです(←これ大事)

 

はじめに…

今期の使用構築はリードマンさんがs5で使用していた構築そのままです。丸パクリです。

http://yomiko-poke.hatenablog.com/entry/2017/09/13/130221

(リードマンさんに許可をいただきました)

2ロム2100に乗せていらっしゃる方なので、まずはこちらの記事をご覧いただいた方が良いと思います。というか、こちらの記事を読んでいただければ完結してしまいます笑

s6における感想とか、この構築に関する僕の考え方とか読んで下さる方はお進みください(一応、パーティ紹介もしてます)

 

 

・お品書き

・はじめに
・ごあいさつ
・構築経緯&パーティ紹介
・パーティメンバー紹介
・選出
・重たいポケモン、並び
・感想

 

・ごあいさつ

改めまして、どうも鳥です。

 

(相変わらず長いので適当に飛ばしてください)

SMレートもいよいよ最終シーズン。

s5までに2000を超えたのはわずか1回。

orasでの最高レート2107には遠く及ばず…。

「マッチング環境こそ変わったけど、2年前の自分に負けるわけにはいかない」そう思った鳥は封印していた馬車バトンを解禁することを決断するのであった。

 

一方その頃…ポケモンサークルあおいビードロでは相変わらずポケモンをしない日々が続いていた。11月に代替わりをひかえた部鳥はこの状況に危機感を覚え、「部内s6最高レートを記録した者に回転寿司をおごる」ことを発表。こうして寿司をめぐるデスマッチ、通称「寿司レ」が幕を開けた。

 

という感じです笑

 

・構築経緯&パーティ紹介

(まだ喋ります)

 

7世代で初めて馬車バトンを使うに当たってまず考慮しなければならないのがミミッキュだと考え、バトンエースをギャラドスにすることを決めました。相変わらず自分で構築を組む気のない僕は「ぽけっとふぁんくしょん」さんでバシャーモギャラドス入りのパーティを検索。

・自身がs4で使っていた臆病テテフが入っていたこと

・受けループに強く、バトン対策になるカバルドンに対して答えを持っている挑発霊獣ボルトに興味があったこと

・速いガルドを使ってみたかったこと

からリードマンさんの構築を使用することに決めました。

f:id:uguisu-atsign:20171111124225j:image

 

いつもは構築記事を参考にした後、自分好みに調整をするのですが今回はどの技も努力値もしっくり来たのでそのまま使わせていただきました(その結果丸パクリになってしまった)

バトンパではあったものの、対策していたカバルドンが増殖したことが追い風となりレートを伸ばすことができました。

積みストッパーとして最強であるミミッキュに強いギャラドスをバトンエースとして選んだのも正解であったと思います。

テテフで鋼を誘って馬車で舞ってギャラドスで倒す…

殆どその選出をしていました。

 

・パーティメンバー紹介

f:id:uguisu-atsign:20171111132232g:plain

カプ・テテフ@エスパーz

性格:おくびょう

特性:サイコフィールド

167(172)-*-112(132)-151(4)-136(4)-154(196)

サイコキネシス/ムーンフォース/ちょうはつ/しぜんのいかり

 

ててふちゃん。

リードマンさん考案のHBSカプ・テテフ。物理耐久にかなり割いているため物理アタッカーのメインウェポンをほとんど耐えることができます。グロスは無理ですがそれは裏のバシャーモで起点にします(思念は外れます)。

s4で使用していたテテフと似ており使いやすかったです。準速100族たちは良く出オチさせることができました。(1度だけHSギガインパクトガルーラに全てを破壊されました)

 

受けループに対しては霊獣ボルトと合わせて挑発怒りで疲弊させイージーウィンを引き寄せていました。

 

最速テテフや増えていた襷ランドロスには1:1以上の仕事をされてしまうので辛かったです。

 

選出率は2位。非常に優秀な先発要員でした 。

 

(ところで、テテフの自然の怒りのモーション、めっちゃ可愛いですよね。撃つ度に毎回「あ、可愛い」って言ってました)

 

 

 f:id:uguisu-atsign:20171111125507g:image

バシャーモ@イアのみ

性格:わんぱく

特性:かそく

184(228)-140(0)-132(236)-*-90(0)-106(44)

フレアドライブ/つるぎのまい/まもる/バトンタッチ

 

とりさん。

馬車馬のように働かされた鶏。

HBはミミッキュのゴーストZ+じゃれを耐えてイアのみ発動、Sは1加速で最速ランドロス抜き(だそうです)。

 

テテフが誘った鋼タイプの前で舞ってギャラドスに繋ぐのが主なお仕事。バシャーモギャラドスと並んでいるとレヒレが相当重いのですが、リフレクターや黒い霧を持っていなければ押し切れるので、レヒレの前でも強気に舞ったりしていました。

相手からすると分身バシャーモ以外での半分回復木の実は想定外のようで、バシャーモを削って先制技で倒そうとする動きが多々見られました。他にも相手の裏がバシャーモのフレドラで押し切れる場合はそのまま勝つこともありました。

選出率3位。バシャーモバトンを選んで正解だったと思わせてくれる働きでした。

 

f:id:uguisu-atsign:20171111135236g:image

 

ギャラドス@ギャラドスナイト

性格:いじっぱり

特性:いかく/かたやぶり

メガ前:175(36)-194(252)-100(4)-*-121(4)-128(212)

メガ後:175(36)-227(252)-130(4)-*-151(4)-128(212)

たきのぼり/こおりのキバ/じしん/りゅうのまい

 

おさかなさん。

運勝ち製造魚。エビ(ッキュ)アレルギー。

メガギャラドスそのものを初めて使いましたが、バシャーモバトンのエースとして

・地面無効

・威嚇持ち

ゲッコウガ耐性

・対ミミッキュ性能

などなど、非常に優秀であると感じました。

 

HP満タンでA+1、またはHP半分でA+2であればレヒレも相手にすることが出来るので今度から自分でレヒレを使う時はあと投げで見るのは止めようと思いました。

 

1舞でコケコやメガゲンガーが抜けない点には注意が必要です。

 

パーティのエースとしての自覚があったのか、「怯め!」「凍らせろ!」というの心の叫びによく応えてくれました笑

選出率は記憶している限りでは100%。文句なしのエースでした、お疲れ様!

 

f:id:uguisu-atsign:20171111142345g:image

ボルトロス(霊)@デンキz

性格:おくびょう

特性:ちくでん

175(164)-*-92(12)-175(76)-101(4)-168(252)

10まんボルト/ちょうはつ/めざめるパワー(氷)/わるだくみ

 

おじさん。

カバマンダ軸や受けループへの対策として…とのことだったのですが僕があまり使いこなせず選出率は最下位…。

「絶対出せる!」ってパーティと当たった時は活躍してくれましたが、ほとんど受けループに対してのみの選出でした。 

 

f:id:uguisu-atsign:20171111182914g:image

ギルカルド@ゴーストZ

性格:いじっぱり

特性:バトルスイッチ

155(156)-222(252)-71(4)-*-72(12)-91(84)

シャドークロー/せいなるつるぎ/つるぎのまい/かげうち

 

剣。

ギャラドスだけでは突破出来ないパーティに対して選出します。

バシャーモでバトンすることを考慮してのS振りですが、僕はバトン選出はあまりしませんでした…。

しかしS振りが活きる場面は多く、Sに振っていないバンギを無償で突破出来たりカグヤに余計なことをされる前に剣舞霊Zで吹き飛ばしたりすることが出来ました。

リードマンさんも仰っていますが、霊Zを撃つタイミングは非常に大切だと感じました。

 選出率4位。久々に使いましたが強かったです。

 

 

f:id:uguisu-atsign:20171111203352g:image

マンムー@きあいのタスキ

性格:ようき

特性:あついしぼう

185-182(252)-100-*-81(4)-145(252)

つららばり/じしん/どくどく/こおりのつぶて

 

ぞうさん

主にガッサ入りに対して選出。

最初は微妙だと思っていた毒々は結果としてかなり重宝しました。

つららを2回しか当てないことが多く自覚が足りませんでしたが、選出率は5位。

 

・選出

 

・テテフ+バシャ+ギャラドス

基本選出。というかほとんどこれを出していました。スタン寄りの構築に強く、かなり信頼していましたが信頼しすぎて選出をあまり考えなくなってしまったのは悪かったと反省しています。

 

・ギャラ+ガルド+@1

ナット入りやバナ入りに。最後にはジリ貧になることが多かったです…。

 

・テテフ+ボルト+ギャラドス

対受けループ

テテフとボルトの挑発で特殊受けを崩壊させます。ゲンガーが選出されていなければこの2体で決まる試合も。

 

・重たかったポケモン、並び

ヤミラミヌケニン受けループ

マッチング回数こそ少なかったものの全部負けました。特殊アタッカー2体がヌケニンで止まってしまうのが辛かったです。

 

チルタリス入り

こちらも3回しか当たりませんでしたが全て敗北しました。ガルドを大事にしておけば勝てたのかなぁと思う試合もありました。

 

・臆病最速テテフ

 こちらの先発テテフが突破されるとバシャーモが1加速で抜けず、ギャラドスは挑発でオワオワリ、って感じでした。

 

・最速霊Z呪いミミッキュ

数は減った印象ですがテテフが出オチさせられ、バシャーモに呪いを入れられるとそのまま負けることが多かったです。

 

感想

構築は非常に手に馴染む僕好みのものであったと思います。やはりテテフの調整が絶妙でした。

シーズン序盤からレートを気にせずかなりのペースで潜り続けた結果、なんと瞬間1ページを記録することも出来…⬇︎

f:id:uguisu-atsign:20171111222124j:image

 

またサブロムでも2000を達成し、2ロムとも2000を達成するということも出来ました。

 

 サブロム…最高2087 TN ひばり

f:id:uguisu-atsign:20171111222544j:image

メインロム…最高2030 TN Warblerf:id:uguisu-atsign:20171111222521j:image

 2100に乗れなかったことに関してはすごく悔しかったです。21チャレンジは3回ほどあったのですがどれも苦手な構築を引いてしまいました…。基本選出の強さに甘え、2000を超えても思考停止で選出、行動をしていたことは反省すべき点だと思っています。そもそも最終日までレポートを溜め込んでいたのがどう考えても1番のプレミでした笑

 

それでもバシャーモバトンの強さを再確認でき、最高レートを大きく更新。また瞬間1ページという貴重な思い出ができたので良いシーズンであったと言えるでしょう。

 

 

ちなみに…。

冒頭の「寿司レ」は序盤からレートを競っていたひるまっく君が見事2103を達成し僕の負けとなりました。彼の構築はまさかのアーケオス入り。検索してみてくださいね♪

2年間守り続けてきたサークル内レート最強の王座から部長引退3日前にして降ろされてしまったわけですが、これで引退後も安心だと思います。

 

終わりに、

序盤からガンガンレートを競って、対戦へのモチベーションを大きく向上させてくれたひるまっく(レート2100と寿司本当におめでとう)

最初の2000チャレンジ、及び瞬間1ページに乗るに当たって的確なアドバイスをしてくれたイルマタル

毎週一緒に潜ってくれた紅いビードロの皆、応援してくださったあおいビードロの皆

素晴らしい構築を考えてくださったリードマンさん

対戦相手の皆様

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→うぐいす @RIZA_HB

までよろしくお願いいたします

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

p.s

ウルトラサンムーンでは3鳥が入手できるとか…。同じ鳥類としてやはりその内のどれかを使ってみたいですね!