うぐいすのねごと

ポケモンに関する、うぐいすのねごとです

自己紹介とか

どうも、鳥です

ブログを閲覧して頂きありがとうございます!

 

この記事は「このブログ書いてる人どんな奴なのかなー」っていうのが分かればいいなぁ…っていう、まぁつまり自分語りです。

 

それでは早速…

 

・HN…うぐいす

TNはwarbler(英語でうぐいす)。

冒頭の「どうも、鳥です」はブンブンハローYouTubeみたいな定型文であり、名前はあくまで「うぐいす」です。名前の後ろに@が付いていることもありますが、これはバトレボ時代の名残です。

 

6世代TN

うぐいす

7世代

メイン Warbler

サブ ひばり

 

・好きなポケモンポッチャマ

ダイパが自分にとって初めてのポケモンだったのですが、その頃からポッチャマが大好きです。当時買ったぬいぐるみは10年以上経った今でも部屋の机の上に置いてあり、長期間家を空ける際には必ず「行ってくるね」、大切な試験や大会の際には「力を貸してくれ!」と割とガチで話しかけています。ま、鳥だからね。

 

・好きなポケモン(対戦)…メタグロス

対戦ではサザングロスに執着…ではなく愛着があります笑

クールな見た目と惚れ惚れする種族値の反面、技を外す茶目っ気がもうたまりません。素直に台パンです(しないけど)

 

その他に

ボーマンダバシャーモ、レボルト、最近(2018年2月現在)ですとギャラドスなどを好んで使います。あとあまり使わないけどブラッキーも好きです。

 

ポケモン歴…ダイヤモンドからスタート

今までプレイしたソフトはダイヤモンド、エメラルド、ハートゴールド、ブラック、ブラック2、X、アルファサファイア、ムーン、ウルトラサンムーンです(プレイ順)。

ポケモンバトルレボリューションのランダムマッチにハマり、努力値だけ振って2Vとかの個体で潜り続けていました。当時はマイナー使い(?)でプクリンやヨノワール始動の重力パなどを使っていました。大学に入ってから6vメタモンを頂き、orasでレートに潜り続けて今に至ります。

 

・得意な戦い方…バトンタッチなどのギミック、積み構築

 

龍舞ボーマンダや、馬車バトンなどが凄く手に馴染みます。好きなポケモンであるメタグロスはサイクルに向いているポケモンな気がするのが難しいところです。

馬車バトンは強いのですが、ゲームがワンパターンになりがちなので切り札として封印しています。

 

・所属…あおいビードロ

ポケモンサークルに所属しています。3代目部長をやったりポケサー日本1を決めるPCLという大会に出たりしました。

現在は引退してOB会である「しろいビードロ」へ移籍。また本家ビードロの活動で皆があまりにもポケモンをしない為、戦闘特化部隊である「紅いビードロ」を設立。部員たちと夜な夜なマリオカートと「時々」レーティングバトルをして騒いでいます笑

 

・好きな実況者さん…ロケット団員No.1041さん

バトレボ時代ではライデンさん(喋るハガネールの方)、しゃけ@さん(重力パの方)、犬神さん(頭文字統一)

 

現在では、ロケット団員No.1041さんの動画を1番楽しみにしています。他にはライバロリさん、グラさんのお2人の動画は投稿された日にしっかり見ます。バロキッズです。

あとシラクサさんの生放送も好き。接触ゥ!

 

・戦績とか…最高はoras2107

 

自分の備忘録も兼ねて、思い出せる範囲で…

oras

s13…バンドリマンダ+馬車サナ 最高2107

s18…ゲンガナンス偽装 最高19後半

SM

s1…サザングロスマリルリ 最高18後半

s2…ヤチェガブ始動ウルガマンダ 最高???

s3…ツボツルギ 最高19前半

s4…カバテテフカグヤ 最高2004

 

warbler-p.hatenablog.jp

 

s5…バンギナットレヒレ 最高199?

s6…メインロム 受け思考サザングロス 最高1967

サブロム テテフ馬車ギャラ 最高 2087

 

warbler-p.hatenablog.jp

 

s7…メインロム カバリザサザングロス 最高19⁇

サブロム アロコンギャラ 最高2091

 

warbler-p.hatenablog.jp

 

s8…おいわいブラッキー軸 最高2043

 

warbler-p.hatenablog.jp

 

s9…鬼グロス 最高2022

warbler-p.hatenablog.jp

 

s10…メインロム カバマンダガルド最高1800中盤

サブロム ポリサメッキュ 最高2068

warbler-p.hatenablog.jp

 

s11…メインロム キュウコンデンジュギャラ 最高1945

サブロム 格闘zランド入りリザグロス 最高1971

 

 

Twitter…@Riza_HB

 

暫く使っていませんが6世代で本格的に対戦を始めてから最初に育成したのが鬼羽リザードンでした。IDはそこから。

気軽に絡んでくれると嬉しいです!

【USUMs10使用構築】最高レート2068 ぽりさめっきゅ

どうも、鳥です。

 

【ごあいさつ】

改めまして、どうも鳥です。

 

リアルではいよいよ試験...!

でしたが、過去10年全く出ていない分野が突然出題されて撃沈(結果はまだ)

 

そんな場面でポケモンだけは成果を残したい!と意気込んだ結果、2週間()のブランクから2日で2000に連れていってくれたポケモン達を紹介したいと思います。

【構築経緯&パーティ紹介】

前期「4ウェポンZバシャーモ」という頭のおかしいポケモンを使っていた僕は、今更ながら「めざ氷持ってるバシャーモって強くね?」ということに気づきました。

まもるを切っていたことで相手依存になっていた為(当たり前)、闘炎氷守の普通の珠馬車を採用するとことから構築探しをスタート。

恒例となっている「ぽけっとふぁんくしょん」さんから、あさみさんのこちらの構築を真似させて頂きました。

asami1108.hatenablog.com

(あさみさんから掲載許可を頂きました。ありがとうございます。)

 

個人的な好みでSよりも火力が欲しいと感じたことから、馬車と鮫には火力補正をかけました。

 

また、自身のポリゴン2の扱いが下手だったことから信頼しているハガネZカグヤを投入(ポリポリではなくなったことで構築バレも多少はなくなったのではないでしょうか...)

 

結果↓

f:id:uguisu-atsign:20180710130304p:image

 

サメで数的有利を取ってからミミッキュで詰めるというシンプルな動きが強くて、非常に扱いやすい構築であったと感じました。

【パーティメンバー紹介】

f:id:uguisu-atsign:20180707191910j:plain

この構築の切り込み隊長。

選出時は9割先発でした。

 

動かし方は主に3つ

 

・破壊光線発射マシーン

適応力破壊光線の火力が病みつきになります

相手の裏次第では初手からバンバン破壊光線を撃っていました

例:

・相手の先発がポリZより遅くて破壊光線で倒せそうな場合→破壊光線で落として裏で積まれても襷を盾になんとか出来る

 

・相手の積みポケモンに積まれても裏で処理が効く→ミミッキュなどはかげうちが効かないので剣舞されてもこご風を当てて裏で倒せる

 

※初手にルカリオとかちあった際には破壊光線を押しましょう。18ぐらいでこの立ち回りを確立しましたが、勝率は上々でした。

 

・s操作係

破壊光線ブッパできないとき。

サメハダーで2体持っていってミミッキュで詰める立ち回りを基本ムーブとしているため、相手の1匹目をサメの噛み砕く圏内に持って行くのが最低限のお仕事。

 

テテフなどは最速スカーフが怖いのでここ風でしっかりsを落としておくのが良いと思います。

 

・vs受けサイクル

悪巧み破壊光線とサメハダーでだいたい勝てます

バンギラスがウザいぐらい

 

ラッキー入りでない、中途半端な受けサイクルはポリZだけで崩壊することも多く爽快でした。

 

選出率は2位。時々技を外してしまう茶目っ気がありましたがご愛嬌でしょう。よく頑張りました!💮

 

f:id:uguisu-atsign:20180710130643j:image

この構築の仕事人

 

ポリZのこご風から展開すると無理なく加速できます。ポリZの刈り残しを噛み砕いて、裏のポケモンを道連れorミミッキュのかげうち圏内に放り込んだらお仕事終了です。

メガ前の耐久のなさから、非メガで道連れを押すと本当にあっけなく逝くので1:1交換はしやすかったです。逆にコケコの電気Zも守る貫通で倒れますし、カバルドン地震も乱数なので注意が必要です。

 

氷の牙無いけどどうなの?ってよく聞かれましたが、噛み砕くの火力の高さもあり1ウエポンでもそこまで困りませんでした。

Aに補正をかけたことにより、無振りテテフやグロスが乱数→確定になるなど恩恵も多かったように感じます。

代わりに最終日に最速リザXの群れに頭を抱えることになったのでまぁ諸説。

 

HBドヒドイデに対して最低でも4〜5割入るのに加えて、エアームドも挑発で突破できるので受けループに対しても強めです(最終日に挑発の存在を忘れていてムドーに対して必死にBダウンを祈って噛み砕く連打していたのは秘密)

 

選出率は3位。4世代から含めても初めての採用でしたが本当に強かったです。ここぞという場面ではしっかり2連守るを成功させてくれた自覚のあるポケモンでした。サメちゃんお疲れ様❤️🦈

 

余談ですが

ライバロリさんがサメハダーのメガ進化時に「斬月!」と叫ぶあれ。ありますよね。アレめっちゃ好きなんでサメハダー使い始めた最初は僕も心の中でやってました。

BLEACHは僕の数少ない読み切った漫画なので…愛染が好きです

f:id:uguisu-atsign:20180710135148j:image

あと実写のルキア堀北真希さんが良かったとずっとゴネています。

 

f:id:uguisu-atsign:20180710150146j:image

 

(追記 努力値合計512じゃない?って教えてもらいました。恐らく、bに振りすぎてます。すみませんでした汗)

 

みてみて!これエビぃぃぃぃ!

あんなに嫌いだったエビッキュも味方になると心強いですね。

 

ポリゴンとサメで相手のポケモンを2体持って行った後、このポケモンと相手の1匹でタイマン...というのが僕のお気に入りの動きでした。

 

この子については別に詳しい説明もいらないと思うので割愛。

ゴーストZだと火力は出ませんが、ウルガモス等の一部のポケモンはこっちでないと止められません。

HBに振ったからといって油断していると56されるのでそこだけ注意が必要でしょうか。

 

選出率は堂々の1位。使用率トップクラスの実力はさすがですね。

じゃれつくを撃つときは毎回ぬいぐるみを抱っこして「頑張れ!頑張れ!」と言いながらボタンを押していました。

 

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180710135315j:image

なんとパーティにバシャーモを採用しての20到達は6世代を含めると4回目。半分以上はこの鳥さんと2000に乗っていることになります。

 

構築探しのスタート地点でしたが、最初に採用したポケモンが1番使われない法則というのは他の方の構築を使った時も同じようです。

選出率は6位でした…。

 

ガルランドに強い他、加速してしまえばカバマンダガルドを壊滅に追い込める等、選出できた時はそのポテンシャルの高さをしっかりと発揮してくれました。

 

使ってあげられなくてごめんよ…。また一緒に2000に行こうな。

 

f:id:uguisu-atsign:20180710150205j:plain

ばーにゃ。

HCにぶっぱしていますがこれは「シーズン序盤だしとりあえず潜りたいから適当でいいや」って言って潜ったのをそのままにしてしまっただけです。絶対に調整したほうが良いです。

 

前々から「フシギバナを相手にするときに一番面倒なのは眠り粉」だと思っていました。実際に使ってみても有利不利がはっきりしていることから相手の交代際に眠り粉を刺していくことが多く、強かったです(当てれば)

また、どう見てもキノガッサが刺さっているのに出てこないことが多く、それはこの子のお陰だと感じました。

 

ハッサムクチート軸によく選出していました。選出率は4位。

おいわいバトンのときは20目前で解雇してしまったので、20に乗せてあげることができて良かったです。

 

f:id:uguisu-atsign:20180710150209j:plain

シーズン4以来の採用となった肉食系女子。詳しい説明はこちらを↓(宣伝)

warbler-p.hatenablog.jp

 

こちらの構築ではステルスロックが撒けない為、以前使っていた時ほどの抜き性能は感じられませんでしたが奇襲という点では健在であったように感じます。構築の下の方でバナと仲良く並んでいることでそういう並びも警戒されていたりいなかったり...?

 

アゴハッサムに主に選出しました。選出率は5位。 

 

 【選出】

・ポリサメッキュ

基本選出です。ポリゴンとサメで数的有利をとってミミッキュで詰めます。

 

・馬車サメッキュ

ガルランドに対して上の選出と選択。初手は守るのを推奨します。

 

・その他

メガが被らなければどんな選出でも良いと思います。相変わらず何の躊躇いもなく2Z選出していました。

【重たいポケモン、並び】

・ガッサ

無視してるので出てくると辛かったです

 

・最速とってる100族付近のポケモン

Sを削った弊害がここに。本当辛いと思ったのなら、Sに補正をかければ済む話だと思います。

 

あさみさんの構築の完成度が非常に高かったためか、苦手意識のあるポケモンはそんなにいませんでした。

【結果と感想】

上でも述べましたが、試験勉強(笑)の為に2週間ほど空いてからの終盤。なんと17から2日で20を達成し、あとは最終日に...という感じでいました。

「こっから1勝できれば良いかなぁ...」ぐらいに思っていたのですが...

 

f:id:uguisu-atsign:20180710183419j:image

TN ひばり 

最高レート 2068

 

思ったより伸びました。

反省点としては引退宣言(仮)をしてからというもの、本気でレートに打ち込んでいなかった為、最終日での精神面での消耗が激しく押しミスや凡ミスを連発。

ミスが無ければ2100...というのは自惚れすぎかもしれませんが、2080ぐらいはいっていたのではないかと思います。無念。

 

終わりに、

 

こんな老害にも優しい言葉をかけてくれる紅いビードロの皆

 

応援してくださるあおいビードロ、しろいビードロの皆さま

 

ポケサー界隈の皆さま

 

参考元の構築を組んでくださったあさみさん

 

対戦相手の皆さま

 

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います!ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→うぐいす@Riza_HB

までよろしくお願いいたします。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

・あとがき

紅いビードロから今期も4人20が出ました!

記事を貼っておきます。

 

きゅーり君

hiyashikyuri.hatenablog.com

構築の並びがきれいだな...と思いました。20チャレ失敗しすぎてて見てる側もそわそわしてました。お疲れ様。

 

きよみず君

ginko-poke.hatenablog.com

またビードロにこういうことをする輩が増えてしまいました。マンダの型は僕も興味があるものだったので参考にさせてもらおうと思います。油そばゴチでした。

 

ひるまっく君

hirumacnopokemon.hatenablog.com

アーケデンジュの開祖。化石使い(?)の彼の2000に乗るまでの迷走が綴られています。

記事のサムネイル好き。

 

 

「ぽりさめっきゅ」はとどりこさんの「やどくまっきゅ」の響きが好きだったのでそこから真似させて頂きました。

 

メインロムのwarblerは何してるの?ということですが、あちらは「珠めざ電雪崩ゲッコウガ」という頭のおかしいポケモンを使って遊んでいたらいつの間にか17に墜落したので解散しました(楽しかったけど)

 

【USUMs9使用構築】最高レート2022 The party with no name

どうも、鳥です。

 

 【お品書き】

 

【ごあいさつ】

改めまして、どうも鳥です。

 

まず、前回の記事の最後をご覧下さい↓

 

f:id:uguisu-atsign:20180515021142j:plain

うぐいす…?引退したはずでは…?

 

新年度を迎えるに当たり、身の回りの環境は大きく変わりました。春休みなのに学校に行かなければいけない、しかも9時17時。新生活に伴ってアルバイトが大勢辞めた結果、残った人達の仕事が増える。毎日疲れる…やってらんない…。

こんな状況でほぼ唯一の趣味であるポケモンから離れることが僕には出来ませんでした…。(甘えでしょうか)

 

【構築経緯&パーティ紹介】

 

 

そんなこんなで忙しい毎日の中,たまの息抜きとして戦線に復帰した僕はs9で何を使おうかいろいろと考えました.

 

ナットレイをカモれる(?)アムハングロスを使いたいと考えていた僕は今期もぽけっとふぁくしょんさんで記事を読み漁り…とちんさんのこちらの構築に辿り着きました。

切り返し正統派対面構築クモグロスガルミミッキュ【USM S7:2107 S8:2ROM2000】 - 既婚トレーナーに休みは無い

(今回は大変恐縮ですが,お断りなしでリンクを貼らせていただきました.問題がございましたらお手数ですがご連絡いただけると幸いです.)

 

オフ前で僕の家に居候(笑)していた、ゆうき君がたまたまオニシズクモに着目していたこともあり、その場で個体を借りて孵化厳選をしてレートへ。

オニシズクモの圧倒的なパワーにただただ驚かされました。

 

その後、育成したはずのめざ地色ウルガモスがめざ電個体であることが発覚。

一刻も早くレートに潜りたい僕は、オニシズクモを通すのに障害となるマンダやナットレイ対策としてめざ炎ゲッコウガをとりあえず採用。

 

その状態で1900には到達するものの、今度はポリゴン2が重くなってしまった為、ゲッコウガバシャーモに変更して…

 

f:id:uguisu-atsign:20180515021251p:plain

こうなりました(ウルガモスはめざ地個体を産み直したものの結局育成が面倒で放置) 

 

構築名は思いつかなかったのでレート中にBGMとして聞いていた仮面ライダー555の挿入歌から。トリックルーム中のオニシズクモはまさにアクセルフォームのような無双っぷりでした。

f:id:uguisu-atsign:20180515080948j:plain

かっこいい

 

とちんさんの構築をベースとしていますが所々自分好みに改悪(笑)しています。

そんな感じでも気になる!って言ってくれる方はこのままお進み下さい。

 

【パーティメンバー紹介】 

f:id:uguisu-atsign:20180503215456j:plain

意地 197(132)-193(244)-121(4)-*-122(12)-135(116)※メガ後

 

ママ。NN 「Big Mom」

恩返しの仕様の関係でロムを移動するたびに木の実を馬鹿みたいに食わせました。多分めっちゃ太ってる。

 

今期もまた、ガッサにやりたい放題されるのでガッサ抜きまではsに振りました。

 

メタグロスが苦手なギルガルドに対して強いことは勿論、そのタイマン性能の高さからマンダ軸以外にはほぼこちらを選出していました。

誰も受けられないギルガルドのゴースト技をタイプでスカせるのも優秀。

 

(腕白ガルーラは凄く興味があったのですが、これも育成が…めんd…間に合いませんでした)

 

選出率は3位。s4以来の採用でしたが、よく頑張ってくれました。

  

f:id:uguisu-atsign:20180503215530j:plain

意地 171(124)-213(228)-171(4)-*-131(4)-149(148)  ※メガ後

 

相棒枠…ですが最初の2000チャレンジで鮮やかな交代読みを成功させたのにも関わらず、アムハンを外した戦犯。ぐちゃぐちゃ。

 

雨パで使っていた意地グロスが使いやすかったのでそれを流用した個体。

主にマンダ軸に対して選出しました。

 

ナットレイアームハンマーを撃ちたくてワクワクしていましたが、アムハングロスが増えていたのかシーズン中盤以降はナットレイ側もアムハンの有無を確認して来る人が多く、思うようにキマりませんでした。

 

選出率は4位。また一緒に2000に乗れて嬉しかったです。

  

f:id:uguisu-atsign:20180503215636j:plain

控えめ 161(52)-*-114(188)-203(156)-101(4)-108(135)

 

気づいたらまた構築に忍び込んでいるおじさん。

 

役割対象である耐久型ポケモンにあまり遭遇しなかった為、選出率は最下位。マンダを牽制出来ていたのならいいな…。

 

フシギバナモロバレルにサイキネをブッ込むと気持ちよくなれます。

(7世代に入ってから2000に乗った構築5個のうち3個に採用されているのに全部選出率最下位な気がする)

 

f:id:uguisu-atsign:20180503215728j:plain

意地 157(212)-140(140)-120(156)-*-125-116

 

過労死枠。トリルをする機械になっていました。お疲れ様です。

 

僕は主に先発に投げて、化けの皮を盾にいきなりトリルを貼っていました.

挑発を撃たれてトリルを阻害されるようなことはほぼなかったと記憶しています.

 

初手トリル→呪いで退場することがほとんどであったので,この立ち回りを徹底するのであれば別の持ち物を持たせたほうが良いかもしれません.

 

パーティの構成が2メガ3Zでなので,オニシズクモが出せないときは特性が優秀なミミッキュを出すことが多かったです.その為,選出率は1位.

ミミッキュが入ったパーティで2000を超えたのは初めてでした.6世代のガルーラのようなぶっ壊れって感じではないですが,補助技を絡めて器用な動きが出来,改めて優秀なポケモンだと感じました.

 

f:id:uguisu-atsign:20180503215831j:plain

勇敢 175(252)-134(252)-113(4)-*-152-42

 

このパーティの絶対的エース.ミミッキュトリックルームから圧倒的なパワーで相手を制圧します.

 

火力だけに目が行きがちですが,耐久や耐性も中々に優秀です.

ミミッキュの化けの皮やHPは取っておくと役に立つことが多いので,死に出しではなく後投げから入ることもありました.

 

本当にアクアブレイクしか押しません.

100戦ぐらいしたところで寝言よりもとびかかるの方が撃ちたい場面があったのでそこだけ変更しました.それでもアクアブレイクしか押しませんでしたが.

 

ミミッキュに代わって使用率1位となったランドロスに強く、環境に刺さっていたと思います。

選出率は2位ですが、パーティ1のキルレートを誇る圧倒的エースでした。お疲れ!

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180503215926j:plain

控えめ 155-*-90-178(252)-91(4)-132(252)

 

 

鳥.欲張りバシャーモ

 

ウルガモスの代打.このポケモンを採用してからポリゴン2がほとんど出てこなくなりました.偉い。

 

突然の草Zに泣かされ続け撤退したシーズンもあったぐらいだった為,いつか使ってやろうと思っていました.

有利不利がはっきりしているので、カバルドンやレヒレがポンポン出てきます。ドヤ顔でお花を咲かせてあげましょう。

 

ガルーラやグロスと対面した際、かなりの割合で突っ張られます。猫なら良いのですが地震が飛んでくることも多く、守るがない弱さを感じる場面もありました。

 

1番の仕事は選出画面で草タイプやポリゴンを抑制すること。気合玉も沢山当ててくれる仕事人でした。選出率は5位。

 

【選出】

 

・ミミクモガルーラ

 

1番多かった選出。先発ミミッキュでトリルと削りを行い、オニシズクモで荒らした後ガルーラで掃除という流れ。メタグロスではギルガルドに勝てないため、ギルガルド入りにはこちらを出します。

 

・ミミクモグロス

2番目に多かった選出。立ち回りは上と同じ。

 

・バシャミミクモ

2z選出ですが意外と多かった

ヒレを削れば勝てるときはこれ

 

・バシャレボルトガルーラ

マンダ入りにクモを出す気力が無くなっていた終盤はこれ。カバマンダガルドは上手くハマれば馬車で荒らせます。

 

得意な並びとしては

・テテフランドゲンガー

全部クモで轢ける。取り巻きも大概クモに勝てない。ゲッコウガとか

 

・バロリパ

この言い方したら怒られそう笑 リザ軸とかルカ軸とかのこと。カイリューは無理。ミミッキュの皮を上手に剥がしましょう。

 

・コケコランドグロス

水技が通りやすかった印象。グロスを削ることが鍵。

 

ミミロップ

バシャーモテロが上手くいっていた気がする

 

・バンギレヒレナットみたいなやつ

バシャーモテロ

 

 

 

 


【重たいポケモン、並び】

ボーマンダ

オニシズクモを出す気力が無くなります。そして絶対出てきます。こいつが憎くてHBガルーラでなくてもレンチを採用しようかとずっと悩んでいました。

 

オニゴーリ 

呪い挑発ミミッキュを使っていたのに勝てた記憶がありません。オニゴーリ撲滅委員会に所属していながら情けない限りです。

 

キノガッサ

ガルーラと上手く対面させないとぐちゃぐちゃにされます。ミミッキュもsに振っていない関係で胞子からタネガンで突破されます。

 

苦手意識があったのはここら辺でしょうか…?

環境的に水技の通りが良かった為か、今期も割と安定して戦えた気がします。あぁ、あとは…

 

グロスの技外し

 

信用可能メタグロスに甘えていた自分に6世代を思い出させてくれました。霊獣ボルトロスで脳血管破壊サイクルをメタっていても、この蟹が技を外す度に血圧が上がります。バシャーモは文字も気合玉も当ててたのに。相棒枠だからって調子に乗ってるのが伝わってきました。

 


【結果と感想】

 

メインロム 死亡(最高19前半)

サブロム  最高2022

f:id:uguisu-atsign:20180515080833j:plain

 

warbler(うぐいす)ロムで中々20に乗れません。

ひばりちゃん最強!

 

さて。アムハングロスからスタートした構築探しでしたが、オニシズクモに頼りっきりのシーズンでした。レートが伸びなかったのはオニシズクモが選出できない際の立ち回りを自分の中で確立できなかったことによるものだと思います。昔からそうですが、特定の勝ちパターンに頼りすぎてしまうのはよくないですね…。

 

 

終わりに、

 

こんな老いぼれとも一緒に戦ってくれる紅いビードロの皆

 

応援してくださるあおいビードロ、しろいビードロの皆さま

 

ポケサー界隈の皆さま

 

参考元の構築を組んでくださったとちんさん

 

対戦相手の皆さま

 

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います!ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→うぐいす@Riza_HB

までよろしくお願いいたします。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

・あとがき

ここで,いつも一緒に馬鹿騒ぎしている紅いビードロの仲間たちの構築記事を紹介しておきます.

 

・ひるまっく

hirumacnopokemon.hatenablog.com

化石使いの本家ビードロ部長が3度目の20を達成!今度はどの化石ポケモンを使ったのでしょうか...?

 

・きゅーり

hiyashikyuri.hatenablog.com

1年前は初心者だったのに,今ではすっかりサークルでもトップクラスの強者に。彼の自己ベストを更新した構築記事はコチラ!

 

(戦闘特化サークル紅いビードロはレートの高い順に役職が決まります.僕は今回部内4位だった為,久々に無職になりました...)

 

 

さて,リアルが忙しくなったらなったで、現実逃避の場としてポケモンが必要だということが判明しました。

これからは「引退」などという愚かなことは言わずに末永くポケモンというコンテンツにお世話になろうと思います。

 

また遊んで下さいね。

 

来期ですが…久しぶりにマンダを使いたいっていうのと、新しいメガに手を出してみたいと思ってます。

場合によってはグロスはお留守番かも…?今期アムハンを沢山外したんで仕方ないですね。

 

【USUMs8使用構築】最高レート 2043 この素晴らしい仲間達に祝福を!~おいわいブラッキー~

どうも、鳥です。


・お品書き
・ごあいさつ
・構築経緯&パーティ紹介
・パーティメンバー紹介
・選出
・重たいポケモン、並び
・結果と感想

 

・ごあいさつ

はい!どうもー!ポケモントレーナーのキズn...うぐいすです。

 

誠に残念なことですが、ここで話すことがありません...。それぐらい何もない平凡で怠惰な毎日を過ごしています。成人式マジックで彼女をゲットした部員がいたりする中、今日も僕は暗い部屋で一人。「高木さんが眩しいなぁ...」とか思いながらレートに潜る日々です。

 

f:id:uguisu-atsign:20180309174101j:plain

(この画像作った方のセンスに拍手。好き)

 

 

・構築経緯&パーティ紹介

 

「おいわい」という技をご存知でしょうか?

主に配布で貰えるポケモンが覚えており、誕生月にポケモンセンター受け取ることのできるイーブイキュワワーがその代表的なものだと思います。

 

この「おいわい」という技はそのまま使うと「はねる」と何も変わらないのですが、Zクリスタルを持たせて使用することにより全能力が1段階上昇します。

 

え?「イーブイなら全能力が2段階上がるだろwww ざっこwww」ですって?

いやいやいや…おいわいバトンなら…

 

†何より意表がつける†

じゃないですか!

 

イーブイバトンは確かに強力ですが選出画面からやることが丸見えで、相手もそれ対策に特化した選出をしてきます。その結果、上手にエースを通せないことも多いのではないでしょうか?(イーブイバトン使ったことないけど)

全能力1段階上昇でも驚くほどのスペックを発揮するポケモンは沢山います。相手の考えの及ばないところから突然、ハチマキ眼鏡スカーフ輝石モンスターが降臨するロマン…やるしかない!

 

おいわいバトン役にはUSUMでイカサマを使えるようになり、個人的にも好きなブラッキーを選択。

 

例のごとく、「ぽけっとふぁんくしょん」さんでノーマルZを持ったブラッキーを検索…偉大な先人たちの知恵を借りながらも珍しく自分なりに並びを考えました。

 

参考にさせていただいた構築記事を貼っておきます。

・くらはんさん

kurahan.hatenablog.com

 

・♡やまぐち♡さん

sandrock114514.hatenadiary.jp

(御二方からは掲載許可を頂きました。構築を組むに当たり何度も何度も読ませていただきました。本当にありがとうございます!)

 

試行錯誤の結果…最終的に2000を達成した並びがこちら!

 

f:id:uguisu-atsign:20180311174308p:plain

 

 (試行錯誤の過程については長くなるのでこちらの記事にまとめようと思います)

warbler-p.hatenablog.jp

最初は一見サイクルに特化したパーティに見えるような並びにしていたのですが、滅びゲンガーを呼びやすいのが問題と考えこのような形になりました。ただのリザグロスに見えたら幸いです。

 

余談ですが、「このすば」良いですよね。構築名は2期の12話からつけました。めぐみん派です(オタク)

 

・パーティメンバー紹介

f:id:uguisu-atsign:20180309174401j:plain

控えめ

メガ前:173(156)-※-115(132)-156(100)-106(4)-135(116)
メガ後:173(156)-※-132(132)-211(100)-136(4)-135(116)

 

業火滅却!!!!(バロキッズ)

 

面倒だったので他の構築で使っていたものを流用しました。sはたまたまバトン後130族抜きでしたが、他のステータスについては調整すべきだと思います。

 

ミミッキュのフェアリー技を半減で受けれることが優秀で殆どの構築に刺さっていました。バトン後の耐久値も圧巻で、陽気スカーフゲッコウガの岩雪崩も体力満タンであれば耐えるほど。

 

+1火炎放射はオーバーヒートのそれを上回る火力。特殊高火力の代名詞であるリザYのオーバーヒートを130族の上から連発できるとなればそのロマンが伝わるでしょうか?

エアスラッシュも…ね?速いとほら…ね?

被害者の方、すみませんでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

♡やまぐち♡さんも仰っていますが、意外とマンダに勝てます。後述するウツロたんでステロを撒いておくことでリザXにも何もさせずに勝つことができるなど、エースとしてのスペックはばっちりでした。

 

選出率は3位。昔はリザXだけしか使っていなかったのですが、リザYの火力も癖になります。

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180309174422j:plain

陽気

メガ前:167(92)-173(140)-153(20)-*-111(4)-134(252)
メガ後:167(92)-183(140)-173(20)-*-131(4)-178(252)

 

かにちゃん。相棒枠ですね!やっとこの子を2000に連れて来ることができました。感無量です。気づいたら泣いていました(マジで)

 

構築には最後に入ってきました。(詳しい経緯は別の記事で)

この子も他の構築の流用個体なので調整の余地アリ。

 

役割はバンギラスパルシェン入り。基本的にはリザードンが倒せないときに出します。

 

バトン後は多くの相手を上から殴れるため、バレットは採用せず範囲を取りました。

馬車に対しても2連守るを決められなければ地震で倒せます。

 

バトンを見ると岩石封じやこご風でSを下げようとしてくる輩がいますが、この子にバトンすれば攻撃を半減で受けつつ、クリアボディで追加効果も無効化できます。

バトンをすればAもSも上がり、無理にメガシンカしなくても戦えるので相手の手持ちに威嚇持ちがいるとき等はクリアボディを残すように立ち回りました。

 

選出率は4位。2000を決めた試合ではゴーリの零度を4回避けた上、ラスト回避上昇後も1発で仕留めるやる気を見せてくれました。好き。

 

(構築でヒートロトムが重いので思念を採用してみたところ、当たり前のように外しました。6世代のことを懐かしく思いつつ、微笑みながらそっとDSを閉じました)

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180309174459j:plain

臆病

185(4)-*-67-179(252)-105-170(252)

 

ウツロたん。

 

この起点作りの型は自分で考えたのですが、前シーズンにすでに結果を残していたそうですね。

 

おいわいバトンを使用している人はミミッキュで起点を作っている方が多いようですが、最初に作ったパーティで極力サイクルパを偽装したいと考えた際にこの子に白羽の矢が立ちました。

 

ミミッキュとの差別化ですが、Sが早い点に加えてやはりステロと毒びしが挙げられると思います。

ステロは裏のエースの火力補助が出来、被弾回数を減らすことも繋がります。毒びしは後述するスイクンとのシナジーが抜群であることに加え、ポリ2などの高速再生持ちに対して刺すことでリザグロスでも押し切ることができるようになります。

オニゴーリに対策にもなります!偉いね!(でも零度3連で負けた)

ミミッキュに劣る所は挑発も呪いも無いので相手のバトンなどのギミックには弱い点でしょうか。

 

ウツロイドを先発で投げると後ろからメタグロスギルガルドをよく投げられました。ブラッキーがこれらのポケモンに強いので綺麗にバトンをつなぐことが出来ました。その点でも優秀。

 

先発で投げた際には裏のエースをどう補助するかを考えて立ち回りましょう。ゲッコウガなどが相手の時はブラッキーは向こうの攻撃を耐えてくれるので、あえて電磁波を撒かずに下からバトンする等の立ち回りをすることもありました。

 

選出率は1位!この子が電磁波を当てるかどうかで試合が左右されることも多かったですが、終盤はとても頑張ってくれました。お疲れ様!

 

f:id:uguisu-atsign:20180309174527j:plain

陽気

165-197(252)-110-*-100-157(252)

 

おじさん。

 

要検討枠。受けループ対策が出来るポケモンの中でサイクル適性がありそうな見た目でメジャーな格闘タイプに弱くない...はずということで採用しました。

 

まず、陽気じゃなくて意地が良いです。残念ながら僕は持ってなかったので陽気で使いました。

 

本来はZを持たせて使うのでしょうが、ブラッキーに取られてしまったので回復木の実を持たせておきました。正直めっちゃ適当です。

 

おいわいバトンを繋ぐことでゲンガーの上から殴ることができるなど独特な立ち回りもできましたが、最速みまがもグライに勝てない等の欠点も多かったように感じます。

 

要するに...考察が足りてないです...ごめんね、ランドロス

受けループ対策枠なので選出率は最下位。

 

f:id:uguisu-atsign:20180309174555j:plain

陽気

201(244)-※-138(60)-※-150-122(204)

 

この構築の主役。かわいい。

 

この子に関しては別の記事でお話ししたいと考えています。

warbler-p.hatenablog.jp

 

選出率は2位。何度もお祝いしてくれてありがとう!

ブラッキーも2000おめでとうだね!

 

f:id:uguisu-atsign:20180311164743j:plain

図太い

205(236)-*-154(36)-110-135-135(236)

 

ORASs18で弱点保険型で使っていた個体。そのときは19後半で止まってしまい2000に乗せてあげられなかったので今回結果を残せて嬉しかったです。

 

途中までは食べ残しを持たせてみがまもしていたのですが、お祝いバトンをしても瞑想を積んだり、相手の毒が回るのを待っている間に倒されてしまうことが多かったので終盤にこの型に変更しました。

 

眠るを見せた瞬間に降参されたパターンも多く、19後半から2000に押し上げてくれた功労者だと思っています。選出率は5位。

 

・選出

ほとんどの場合にウツロイドからブラッキーバトンを通すことを勝利プランとして立ち回ります。

 

・@リザードン

まずはリザードンを通せるかどうかを考えます。選出を辞めなければならないのはヒードランバンギラスドヒドイデ等。(本来はヒートロトムもダメなんですがグロススイクンが確実に勝てるわけでもないので諸説)ボーマンダ入りには出していけます。

ウツロイドにはまずは火力補助になるステロ→ポリゴンなどの耐久ポケモンがいる場合は毒びしまで撒いてもらいましょう。

 

・@メタグロス

バンギラスパルシェンを見たらこの子を出します。仮に負けそうになっても彼はスカーフ110族と同じスピードからアイへが撃てます。アイへが撃てるんです。彼の名誉のためにこれ以上は言いません。最後まで諦めないことが大切です。ウツロイドにはステロ→毒びしの順で撒いてもらいました。

 

・@スイクン

リザードンメタグロスでは崩すことのできないポケモンが相手にいるとき(カビゴンとか?)にワンチャン信じて出します。「みがまも」から「ねむねご」に変えたのがかなり最後の方だったので自分でもよく分かってないです(ごめんなさい)。

毒びしの有無で性能がかなり変わります。また、電磁波を適当に撒いておくと瞑想の起点が作りやすいです。

 

・@ランドロス

受けループに出します。ウツロイドグライオンがHSかHDか判定しておくと...心構えができます笑 それだけ。

 

ヤーティー等はバトンせずとも上から殴れることに加え、交代際にキツい一撃を貰うのでバトンを介さず戦うこともありました。
・重たいポケモン、並び

・滅びゲンガー

バトンする以上しょうがない。ウツロイドで電磁波→ブラッキーで挑発が一番簡単な対処法ですがなかなかそうもさせてくれない。ブラッキーのHPに余裕があるなら、本来おいわいするターンに交代読みで挑発を押すとキャッチしに来た滅びゲンガーを無力化できます。フシギバナをパーティから抜いたのはこいつを呼びやすいから。

ゲンガーに限った話ではないのですが接地している毒タイプには毒びしを回収されてしまうのでその点でも嫌い。

 

・挑発コケコ

お祝いしても上から挑発でオワオワリ。フシギバナがパーティから抜けてから確実に重くなりました。

 

キノガッサ

フシギバナがパーティから抜けてから重くなりました。

 

・黒霧Zカプ・レヒレ

フシギバナがー...フシギバナって偉大なんやな...

 

ミミロップ

いつもの。ウツロイドブラッキーも簡単に突破されます。

 

思い出したらまた追記します。


・結果と感想

 「おいわいブラッキー」バトンというギミック、程よいマイナー、溢れるロマン。そして好きなポケモン達。潜っていてとても楽しかったです。自分で構築を考えていく過程も楽しく、気が付いたら結果がついてきたという感じでした。

 

TN ひばり 瞬間最高 2043 

f:id:uguisu-atsign:20180312013256j:plain

 

正直、今期に関しては20に乗れれば良いという感じで潜っていたので、20からさらに伸びて嬉しかったです(負け惜しみじゃないですよ)

 

が、今期も連勝するとすぐ調子に乗ってつまらないプレミで試合を落としていたので、やはりそこは反省すべきだなと思っています。

 

この記事を読んで、おいわいブラッキーバトンに少しでも興味を持っていただけたら幸いです。今期は僕の他にもおいわいブラッキー軸を使っていた人がいたようでTwitterでも目撃情報があったのでこれから開拓されていくポケモンなのかもしれませんね。

 

終わりに、

 

一緒に戦ってくれる紅いビードロの皆

 

応援してくださるあおいビードロの皆さま

 

ポケサー界隈、ウリ科界隈の皆さま

 

参考元の構築を組んでくださった♡やまぐち♡さん、くらはんさん

 

対戦相手の皆さま

 

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います!ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→Warbler @Riza_HB

までよろしくお願いいたします。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

・あとがき

 

本構築はなんとSDで3位まで上がることができました。

 

f:id:uguisu-atsign:20180312015630j:plain

(アカウント名が違うのは溶かすのが怖くて動かせなくなってたからですね...Warblerは英語でうぐいす。2107はORASの最高レートです)

自分でもびっくり。

 

さて、実は私うぐいす、今期で一度ポケモンから引退しようと考えています。

私生活が忙しくなるからですね...。とはいってもレートをガチでやらなくなるってだけで、実況者さんの動画見たりネタパで遊んだりはしてると思います。

最後のシーズンにメタグロスと2000に乗れて本当に良かった...。

 

またレートの海で皆さんとお会いする日を楽しみに、自分の夢に向かって頑張ろうと思います。それでは、お元気で!

 

 

 

おいわいブラッキーとその取り巻きについて

どうも、鳥です。

 

・お品書き

・ごあいさつ
・おいわいブラッキーの入手
・型紹介と立ち回り
・相性の良いポケモン
・構築例
・まとめ

 

・ごあいさつ

改めまして、どうも鳥です。

 

s8で僕が使用しレート2000を達成することのできた「おいわいブラッキー」について、1つの記事にまとめようとするとただでさえダラダラ喋って長い記事がとんでもない量になってしまうと考え、本家の記事とは別にこの記事を書くことにしました。こちらもあわせてお読み下さい。

 

warbler-p.hatenablog.jp

 

・おいわいブラッキーの入手

 

誕生月にポケモンセンター、またはポケモンストアに行き、誕生日が確認できる何かを見せると技「おいわい」を覚えたイーブイキュワワーピカチュウの中から1匹を貰うことができます。イーブイは7世代では陽気固定です。

 

ストアのお姉さんに話しかけて「僕誕生日なんで、イーブイが欲しいです!」と宣言する中々難しいミッションが課されます。勇気を振りしぼって店員さんに声をかけ、イーブイを受信する為にDSを取り出したのですが...。僕が持って行ったのは偽トロ。偽トロは赤外線通信が出来ないんですよね。「あれれー?おかしいぞぉ?」と適当に誤魔化して、その日は泣く泣く帰りました。これからイーブイを受け取る方は気を付けてくださいね。めっちゃ恥ずかしいです。

 

・型紹介と立ち回り

 

僕がS8で使った型についてお話します。

f:id:uguisu-atsign:20180309174555j:plain

陽気
201(244)-※-138(60)-※-150-122(204)

 

調整

HP...奇数調整

B...あまり

S...Zおいわい後ジャローダ抜き

 

ここまでSに振ることでZおいわいバトン後にジャローダの挑発の上を取ってバトンすることが出来ます。また、あまりをBに振ることでZおいわい後に特化ミミッキュのミミZを81.5%~96.5%、かげうちを4.4%~5.4%に抑えることができます(大体耐えます)。

 

技構成については、おいわいとバトンは確定。吠えるや相手の挑発、滅びの歌や呪いへの対策として挑発。最後にバトンした後でも仕事のできるイカサマを採用しました。s6までは7世代以降で受け取った個体はイカサマを使えなかったのですが、ウルトラサンムーンの発売によりs7から採用できるようになりました。

(他には、相手のとくこうを下げられるバークアウト。一撃技や補助技をすかせる身代わり等も候補に挙がると思います。) 

 

ブラッキーを出すとよく格闘タイプやフェアリータイプを後投げされます。

格闘タイプ

例えばルカリオバシャーモはZおいわい後であれば上をとって後続にバトンすることで対処ができます。ミミロップの膝はZおいわい後耐えてからバトンします。

 

フェアリータイプ

小細工が多いのでこちらの方がめんどくさい。

ミミッキュ

ミミZはZおいわい後であれば影打ち込みでもほとんど耐えてくれる(今季400戦近くしましたが全部耐えてくれました)ので、後出ししてきたミミッキュに対しては呪い警戒で挑発から入るのがオススメです。

カプ・レヒレ

欠伸ループを警戒してか、相手の手持ちにいる場合は殆ど選出されました。黒い霧が厄介なのでこちらも挑発から入ると良いと思います。

カプ・テテフ

先発で出てくる個体はほぼ挑発持ちであった印象。こちらの先発要員でSを下げた後、相手の動きに合わせて挑発をするのかどうかを判断します。

・カプ・コケコ

Zおいわい後も向こうの方が速いので、上から挑発されます。きつい。並びで選出を抑制出来たらベストかなと。

 

・相性の良いポケモン

おいわいバトンをするに当たって、「起点づくり要員」「バトンエース」が必要だと思います。

起点づくり要員に求められるのはS操作ができること。これによりブラッキーが先手でZおいわい出来るようになるため安定感がグッと上がります。これに加えて裏のエースを通すためのサポートをしていく形になるのかと思います。火力が足りないのであればステロ、耐久が足りないのであれば鬼火。バトンエースが耐久型のポケモンの場合は毒びし等も候補に挙がるのではないでしょうか。その他にも起点回避のための挑発もあると便利かもしれませんね。特性による安定感もあるので起点づくりにはミミッキュが多く使われるようです。

 

バトンエースについてです。積み構築全部に言えることかもしれませんがミミッキュで止まらないことは大切だと思います。また、攻撃と素早さだけではなく耐久も上がるので回復技があると粘り強く戦えるのではないでしょうか。

あと、あくまで僕の考えなのですが、「Sがもう少し高ければ...」とか、「積み技があれば強いのに...」というポケモンこそZおいわいバトンで輝く気がします。最初、慎重ボーマンダをバトンエースとして使っていて、ゲッコウガの冷ビを耐えたりとこれはこれで強かったのですが正直なところ、わざわざブラッキーでバトンしなくても元々強いなぁ...と。ここまでくると好みの問題かもしれませんが...。

 

また、パーティ全体で格闘タイプやフェアリータイプなどをある程度抑制できる並びだと良いと思います。

 

・構築例

 最高レート2043を達成した構築とは別(?)に、1970まで上がった構築があるので紹介しておこうと思います。(おいわいブラッキーバトンについての記事はまだ少ないので参考になれば幸いです)

 

f:id:uguisu-atsign:20180313130451p:plain

並びのコンセプトとしては「絶対にバトンを読まれない」。パッと見た時にはマンダ軸のサイクルパに見えますよね?見えます...よね?

ランドとウツロイドについては最高レートを達成したほうのパーティと同じなので、それ以外のポケモンについて書きます。

 

ボーマンダ@ナイト
メガ後171(4)-*-150-189(252)-110-172(252)

控えめ 

ハイボ りゅうのはどう 大文字 はねやすめ

 

先に言った通り、HDマンダはバトンしなくても強いので折角なら...と特殊マンダを採用してみました。

バトン後は少し柔らかいHDマンダぐらいの耐久があるので羽休めでHP管理をしながら立ち回ることができます。

 

ニンフィアのC種族値って110らしいです。滅茶苦茶な火力が出るので130だと勘違いしてました。さて、メガボーマンダのC種族値は120でそこにおいわいバトンで1.5倍の補正が乗るわけです。これはつまり、6世代で猛威をふるったあの眼鏡ニンフィアハイパーボイスみたいな火力をs120族にスカーフを巻いたような速度で撃ち続けられるわけです(スキンの倍率変わったので当時と比べてどうなのかは諸説)。強いです。

+1ハイパーボイス

HBカバルドン 86.9~103.2%

無振りテテフ 87.5~104.1%

無振りゲッコウガ 128.5~151.7%

 

+1大文字

H167メガグロス 107.7~128.1%

H振りガルド 82.6~98.2%

 

+1竜の波動

HD特化メガマンダ 86.1~101.9%

(竜波についてはメガマンダが普通に流星撃つのと威力はそんなに変わらないです)

 

バシャーモや冷凍パンチのないルカリオの選出を抑制し、ブラッキーが通しやすくなるのも◎。カバマンダガルドなどによく選出しました。

 

フシギバナ@ナイト

臆病 165(78)-108-143-174(252)-140-135(180)

 

ヘド爆 ギガドレ 地震 こうごうせい

 

♡やまぐち♡さんのフシギバナを参考にさせていただきました。耐久についてはギガドレで殴ってるうちに何とかなるだろうということで、火力に振り切りました。

 

ウツロイドでステロを撒くことでアーゴヨンや無振りメガゲンガーがバトン後の地震で確1になります。

ブラッキーの苦手なキノガッサカプ・レヒレ、カプ・コケコに強く、選出画面で圧力をかけられる点が優秀でした。

 

スイクン@食べ残し

図太い205(236)-*-154(36)-110-135-135(236)

熱湯 瞑想 まもる みがわり

 

くらはんさんがs5で使っていたスイクンを真似させていただきました。

 

ウツロイドの巻く毒びしと合わせて多くの相手をハメました(笑)

1800ぐらいまではほぼこのポケモンで勝っていた気がします。

 

カプ・レヒレミストフィールドは毒びしが入ってから発動するので、上からみがまもでハメれます。

 

こんな感じです。

ここから...

①誰もテテフが受けられない点、加えて滅びゲンガーの増殖が課題と考えられたのでそのどちらにも見た目弱いフシギバナを解雇。リザードンYを投入。

②パーティの炎打点としてリザードンが加入したこと、またそのリザードンが相手のボーマンダに勝てることでボーマンダの役割が減少。パーティがバンギラスパルシェンに弱いことが問題となっていたのでボーマンダを解雇。メガメタグロスを投入。

スイクンが瞑想を積み切る前に崩されてしまうことが多かったので、みがまも型からねむねごに変更。

 

という過程を経て最高レート記録したパーティの形になりました。

 

・まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になっていれば幸いです。

おいわいバトン、使っていて非常に楽しい構築なので是非一度使ってみてください!

 

質問、コメントなどは

Twitter...Warbler @Riza_HBまでお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

【USUMs7使用構築】最高レート 2091 妖狐の氷瀑

どうも、鳥です(←諦めた)

 

 

・お品書き
・ごあいさつ
・構築経緯&パーティ紹介
・パーティメンバー紹介
・選出
・重たいポケモン、並び
・結果と感想

 

・ごあいさつ

 

改めまして、どうも鳥です。

 

s6で昼マックとの激闘を終えサークルを引退し「ご隠居」という身になったので、のんびりと過ごそうと思っていた鳥。

しかしUSUMが11月17日に発売された瞬間ポケモン熱が再発(?)

18日の夕方にはストーリーを終わらせてソルガレオに乗って準伝説を狩りまくっていました笑

 

進路のこともあるのでそろそろ本気で引き際を考えないとなぁ…とか思いつつ、でも毎シーズン1800は乗せたい…とも思いつつ。

可愛い後輩達が中々そっとしておいてくれないので今回もがっつり潜っちゃいました☆

 

・構築経緯&パーティ紹介

 

(実の無いことをめちゃくちゃ喋るので飛ばすことをオススメします)

 

構築作成や環境考察っていうものが苦手なのですが、足りない鳥頭を使ってs7始めに僕が考えたのは…

 

ミミッキュは変わらず流行る(何で強化されたのか)

・s7では新規UBは沢山使われるだろう

 

の2点…めっちゃ当たり前のことやん。

 

前期に初めてギャラドスを使ってみて、化けの皮を貫通できることや上から怯みを押し付けられることが強いと感じ、また新規UBに対しても比較的有利であることから今期もギャラドスを使うことを決めました。

 

前期ギャラドスを使っていて思ったのは…

「火力が足りない💢」

剣の舞バトンをしていた時ですらこのように感じたのですから、ニュートラル状態から舞ったのでは絶対に火力不足でしょう。

抜きエースの火力を誤魔化す策としてはステルスロックが代表的ですが、僕は天候によるスリップダメージに着目しました。 

 

火力のなさにイライラしていた事に反してメガギャラドスの耐久というのは中々信用できるものがあり、剣舞出来ずに加速だけバトンした際にも自分で相手の攻撃を耐えながら舞って全抜きということが多々ありました。

 

その結果、僕の思考は「天候のスリップダメージで削りつつ相手の攻撃を耐えながら舞っていけたら最強なのでは?」という何とも頭の悪い場所に着地。

 

最初はバンドリ+ギャラドスをSDで試してみたのですがレヒレが重すぎて解散。

他に良いポケモン居ないかなーって思ってたらいましたよ。

 

アローラキュウコン

天候ダメージ+両壁+可愛いとか最高って事で即採用。

全く使ったことのないポケモンだったので例のごとく「ぽけっとふぁんくしょん」さんでキュウコン入りのパーティを検索。

 

シェイルさんのこちらのパーティを見つけました

http://mawilegenger22.hatenablog.com/entry/2017/07/18/203519

(誠に勝手ながらリンクを貼らせていただきました。問題があった際はお手数ですがお声かけ下さい)

 

アローラキュウコンが苦手な相手を倒せるということでガブリアスギルガルドはそのまま採用。

ここでキュウコンで壁を貼る関係上、積み技を使えるポケモンを多く採用する方が強いのではないかと考えました。そこで受けループへの殺意からリザードンX、同じく受けループへの殺意と申し訳程度のマンダ避けとして霊獣ボルトロスを採用して…

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180123025415p:plain

 

パーティが完成しました。

 

・パーティメンバー紹介

 

f:id:uguisu-atsign:20180116021800j:plain

 

陽気

183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)

 

主人公。

多用しているわけでは無いのですが、ミミッキュに使用率の王座を奪われた時は割と本気で悲しかったです。

 

先発要員①。キュウコン展開を阻害すべく出て来る炎や鋼に強いポケモン。身代りからの剣舞で相手のパーティをぐちゃぐちゃにします。

 

vsリザードンは当然引くものと思って身代りを押すのですが耐久リザードンは居座ってめざ氷を撃ってきます。こちらは向こうを一撃で仕留める技を持っていないためそうなるとガブリアスとはそこでお別れです泣

 

ジメンZはミミッキュアシレーヌカプ・レヒレへの強力な打点となります。ドラゴンZが撃ちたい場面もありましたがこれらのポケモンを倒す、または削ることがギャラドスを通す上で大切だと感じそのままにしました。

 

ナットレイをごっそり削れるのもgood
選出率3位(体感)。

 

f:id:uguisu-atsign:20180116021848j:plain

 

 意地

メガ前:153-149(252)-99(4)-*-105-152(252)
メガ後:153-200(252)-132(4)-*-105-152(252)

 

 

陰キャのことが大嫌いな脳筋リザX

 

絶対にマンダが出てくるとき、バナ入り等ギャラが通せないと感じた時や受けループに裏エースとして選出しました。

 

今まで龍舞型しか使ったことがなく、加えて殆どに耐久調整を施した上で羽休めを持たせていた(s5に関してはHD特化だった)のでASぶっぱに凄く抵抗を感じていたのですが、強引なパワープレーで全部灰に出来るのでこれはこれで強かったです。

地震は持ってないですがヒードラン程度なら剣舞逆鱗でゴリ押せた気がします。

 

出来るだけギャラドスを選出するようにしていたため選出率は最下位。
…ですが2000を決めた試合ではコケコカバグロスを先発から1匹で全部倒して美味しいところを持っていきました。

 

 

f:id:uguisu-atsign:20180116021947j:plain

意地 

 メガ前:175(36)-194(252)-100(4)-*-121(4)-128(212)

メガ後:175(36)-227(252)-130(4)-*-151(4)-128(212)

 

おさかなさん。前期も頑張ってくれたこの子に技を変更した上で今期も頑張ってもらいました。本当にお疲れ様です(・・;)

 

技構成ですが、パーティ考察段階でツンデツンデによるトリル構築が「大流行」すると考えていたのでそれを防ぐために身代わりではなく挑発を採用しました。実際にはツンデツンデを見かけるのは30試合に1回ぐらいだったように感じますが、トリルが少なかったわけではないので役には立ったと思います。(身代り連打で霰ダメージを稼ぐというコンセプトは何処へ…?)

氷の牙があればマンダにも勝てたかもしれませんが、前期に多かった、カバルドンに欠伸されて負けるパターンを克服できたのは大きかったと思います。

 

sを切っているので1舞で抜ける範囲が狭まっていますが、キュウコンが壁を貼ってくれる上にs操作も出来る優秀ポケモンなのでデメリットを感じる場面はほぼ有りませんでした。 

選出率は2位。

 

f:id:uguisu-atsign:20180116022128j:plain

控えめ

 161(52) -* -111(164) -198(116) -101(4) -143(172)

 

受けループへの殺意。先発要員その②。

 

マンダに強くて受けルに強いから採用。フシギバナに弱いのは少し残念なところ…変えるとしたらまずこの枠な気がします。

 

パーティの殆どがミミロップにタイマン勝てない為、ミミロップの猫恩返し耐え調整が施してあります笑

 調整自体が役に立ったかは分かりませんが多くの物理アタッカーへ強気に出れたのは良かったかなぁ…と。

 

sを切っていますが(最速ヒードラン抜き抜き)、基本的に役割は耐久ポケモン崩しなので不便は感じませんでした。

 

選出率は5位

f:id:uguisu-atsign:20180116022230j:plain

臆病

 149(4) -* -95 -133(252) -120 -177(252)

 

ふつくしい…。

 

壁張りやs操作、アンコールでエースをサポートします。

持ち物はどんな状況下でも最低限のサポートが出来る点で襷が良いと感じました。また襷を盾にアーゴヨンボーマンダのストッパーとしても活躍させることが出来ます。

 

CSに振り切っている為、吹雪は結構火力が出ます。霰下で必中なので影分身バシャーモ達が困った顔をしているのが面白かったです笑

 

オーロラベールを妨害すべく、天候を書き換えるポケモンや、炎や鋼タイプがめちゃくちゃ出てきます。ガブリアスギルガルドで対策しているのは勿論、キュウコンに強いポケモンの多くにギャラドスが強いので万が一キュウコンが出落ちしても自分で舞えました。

例:

リザードンYは多くがニトチャから入ってくる→こご風アンコールでギャラの起点

カバルドンはそもそも挑発ギャラの起点

 

技構成については、もちろんオーロラベール、s操作が優秀なこご風、技を固定させて退場を早めたり後続の負担を減らすアンコールまでは確定かなぁと思います。

吹雪ついてはパーティ単位でレヒレが軽くはないのでフリドラでも面白いと感じました。

 

使用してみての感想は「こんなに優秀な起点作りポケモンが何で使われないのか」でした。

選出率は堂々の1位。2メガ3Zだしそりゃそうですよね…お疲れ様。

 

(ところで、この子のアンコールって知られてないんですかね?それとも、知ってる上で守るとか身代りとか押すんですかね?)

 

f:id:uguisu-atsign:20180116022255j:plain

冷静

167(252)-70-170-112(252)-171(4)-72

 

先発要員③。怯みの化身となってしまったメタグロスを戒めるポケモン。調整先になることも多くなりましたがそれでもゴーストZの火力は圧巻です。

 

積みポケモンに対しては今期も毒毒は有効だったように感じますが、s6で身代りポリ2が結果を残してしまった為か思ったように刺さらない場面も多かったです。

Z技を所持しているガブリアスボルトロス達の中で唯一ゲッコウガに対抗できるポケモンですがゲッコウガも身代り持ちが増えたように思います。

 

環境が逆風となり思ったより活躍できなかったものの、選出率は4位でした。

 

・選出

 

・ガブ+キュウコン+ギャラ

1900帯までで特に多かった基本選出。ガブリアスで場を荒らして数的有利が取れた場合は壁ターンの実質的な節約に、全体的な削りが出来た場合は後々ギャラでお掃除という動きを取っていました。

 

・ガルド+キュウコン+ギャラドス

基本選出②。メタグロスゲッコウガが居る時はこっち。ゴーストZを撃つタイミングはよく考えて。

リザグロス軸にはこちらのパターンで選出しましょう。ガブリアスを添えるとグロスにかる〜く3タテされます。

 

・ボルト+キュウコン+ギャラドス

ミミロップ入りにはこうしてました。でも、ミミロップ初手を読んでいるなら先発にギャラを置いてすぐ引くとかすれば良かった気もします笑

 

キュウコン+リザードン@1

どうしてもボーマンダが出てきそうな時とか。あんまり勝てない。ステロきつい。

 

・ガブ+ボルト+リザードン

vs受けループ。先発にガブリアスを置きます。すると、ムドーやヤドランが出てくるのでガブを雑に切ってボルトかリザードンで展開します。勝てます。

 

・重たいポケモン、並び

 

ボーマンダ

面倒なので選出されないことを祈ります。ただ、選出されるマンダはキュウコンより速くてボルトロスに打点がある最速両刀のものが多かったように感じました。

 

ポリゴン2

ギャラがエースである関係上、やはり邪魔…。キュウコンで削った上でアンコールして対処していました。ギルガルドで毒を入れることが出来れば簡単なのですが、先に述べたように身代りポリゴンがドヤ顔してくるので頭を抱えていました。

 

ナットレイフシギバナモロバレルその他草ポケモンの皆様

ギャラが通せない。ダルい。

 

メガチルタリス

前期と違ってギャラドスに氷の牙もない…裏メガもリザXなので打点なし。数が少ないのが救い。

 

 

ステルスロック

飛行ポケモンか3体もいる上、キュウコンの襷が潰れるので当然辛い。

 

色々嘆いていますが、選出によっては何とかなるので使い手次第だと思います。

選出画面で「絶対負け!」っていうのは無かった気がしました。

 

・結果と感想
 
環境考察と構築作成が苦手なのでs1は切り気味でいました。
 
…が、インフレの波に乗って7世代最高である瞬間最高2091を記録することができました
 
TN ひばり 瞬間最高 2091

f:id:uguisu-atsign:20180123025510j:plain

 

また2100に乗れなかった...。

 

今期の反省ですが、自分の未熟さの1点に尽きると思っています。

終盤の大事な時期でもつまらないプレミが多く、これに関しては「対戦数が足りなかった」で言い訳できるレベルではありませんでした。

自分が手を加えた中では割と完成度の高い構築が出来たと思っているので、尚更プレイングの浅はかさが悔やまれます…。

 

それでもアローラキュウコン入りとしては中々高いレートを記録できたのではないでしょうか?ポテンシャルの高いポケモンだと感じたのでこれからも開拓が進んでいくといいですね♪

 

終わりに、

 

レートに対するモチベを常に高めてくれる紅いビードロの皆(下に部員の構築記事へのリンクあります!)

応援してくれたり、結果が出ると祝ってくれるあおいビードロの皆様

いつも楽しませてくれるポケサー界隈、某ウリ科界隈の皆様

参考元の構築を組んでくださったシェイルさん

対戦相手の皆様

 

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います!ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→うぐいす @RIZA_HB

までよろしくお願いいたします

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

・あとがき…?

 

僕の嫁ポケ、一応メタグロスのつもりで2年以上前からサザングロスを使い続けています。

サークルも引退して第一線から退いたのでメインロムではメタグロス縛りを設けてやっていこうと思っているのですが…

 

f:id:uguisu-atsign:20180123025859j:plain

2000に乗れません泣

SMs6の1977が僕のメタグロス入りのベストです。

来季こそはメタグロスと2000に行きたいですね。

 

あと、前回の記事の終わりで「3鳥使いたいなー」的なことを言っていたんですが、アーゴヨンが怖くて無理でした…。

でも今季もサンダー入りなどで結果を残している人がいたので来季こそは…!

 

(一緒に戦ってくれた紅いビードロ部員の記事のリンクを貼っておきます!是非こちらもお読みください。

・ひるまっく

http://hirumacnopokemon.hatenablog.com/entry/2018/01/23/183722

前期アーケオスで2100を達成した彼が、今期も化石ポケモンと2000に到達したらしいです。どのポケモンを使ったのか気になる方、是非記事の方へ!

 

・きゅーりhttp://hiyashikyuri.hatenablog.com/entry/2018/01/23/155900
4月からポケモンを始めて、もう2000に乗る…凄く立派だと思います!ポケモン初心者の方も是非お読みください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【SMs6使用構築】最高レート 2087 瞬間最高10位

どうも、うぐいすです(←これ大事)

 

はじめに…

今期の使用構築はリードマンさんがs5で使用していた構築そのままです。丸パクリです。

http://yomiko-poke.hatenablog.com/entry/2017/09/13/130221

(リードマンさんに許可をいただきました)

2ロム2100に乗せていらっしゃる方なので、まずはこちらの記事をご覧いただいた方が良いと思います。というか、こちらの記事を読んでいただければ完結してしまいます笑

s6における感想とか、この構築に関する僕の考え方とか読んで下さる方はお進みください(一応、パーティ紹介もしてます)

 

 

・お品書き

・はじめに
・ごあいさつ
・構築経緯&パーティ紹介
・パーティメンバー紹介
・選出
・重たいポケモン、並び
・感想

 

・ごあいさつ

改めまして、どうも鳥です。

 

(相変わらず長いので適当に飛ばしてください)

SMレートもいよいよ最終シーズン。

s5までに2000を超えたのはわずか1回。

orasでの最高レート2107には遠く及ばず…。

「マッチング環境こそ変わったけど、2年前の自分に負けるわけにはいかない」そう思った鳥は封印していた馬車バトンを解禁することを決断するのであった。

 

一方その頃…ポケモンサークルあおいビードロでは相変わらずポケモンをしない日々が続いていた。11月に代替わりをひかえた部鳥はこの状況に危機感を覚え、「部内s6最高レートを記録した者に回転寿司をおごる」ことを発表。こうして寿司をめぐるデスマッチ、通称「寿司レ」が幕を開けた。

 

という感じです笑

 

・構築経緯&パーティ紹介

(まだ喋ります)

 

7世代で初めて馬車バトンを使うに当たってまず考慮しなければならないのがミミッキュだと考え、バトンエースをギャラドスにすることを決めました。相変わらず自分で構築を組む気のない僕は「ぽけっとふぁんくしょん」さんでバシャーモギャラドス入りのパーティを検索。

・自身がs4で使っていた臆病テテフが入っていたこと

・受けループに強く、バトン対策になるカバルドンに対して答えを持っている挑発霊獣ボルトに興味があったこと

・速いガルドを使ってみたかったこと

からリードマンさんの構築を使用することに決めました。

f:id:uguisu-atsign:20171111124225j:image

 

いつもは構築記事を参考にした後、自分好みに調整をするのですが今回はどの技も努力値もしっくり来たのでそのまま使わせていただきました(その結果丸パクリになってしまった)

バトンパではあったものの、対策していたカバルドンが増殖したことが追い風となりレートを伸ばすことができました。

積みストッパーとして最強であるミミッキュに強いギャラドスをバトンエースとして選んだのも正解であったと思います。

テテフで鋼を誘って馬車で舞ってギャラドスで倒す…

殆どその選出をしていました。

 

・パーティメンバー紹介

f:id:uguisu-atsign:20171111132232g:plain

カプ・テテフ@エスパーz

性格:おくびょう

特性:サイコフィールド

167(172)-*-112(132)-151(4)-136(4)-154(196)

サイコキネシス/ムーンフォース/ちょうはつ/しぜんのいかり

 

ててふちゃん。

リードマンさん考案のHBSカプ・テテフ。物理耐久にかなり割いているため物理アタッカーのメインウェポンをほとんど耐えることができます。グロスは無理ですがそれは裏のバシャーモで起点にします(思念は外れます)。

s4で使用していたテテフと似ており使いやすかったです。準速100族たちは良く出オチさせることができました。(1度だけHSギガインパクトガルーラに全てを破壊されました)

 

受けループに対しては霊獣ボルトと合わせて挑発怒りで疲弊させイージーウィンを引き寄せていました。

 

最速テテフや増えていた襷ランドロスには1:1以上の仕事をされてしまうので辛かったです。

 

選出率は2位。非常に優秀な先発要員でした 。

 

(ところで、テテフの自然の怒りのモーション、めっちゃ可愛いですよね。撃つ度に毎回「あ、可愛い」って言ってました)

 

 

 f:id:uguisu-atsign:20171111125507g:image

バシャーモ@イアのみ

性格:わんぱく

特性:かそく

184(228)-140(0)-132(236)-*-90(0)-106(44)

フレアドライブ/つるぎのまい/まもる/バトンタッチ

 

とりさん。

馬車馬のように働かされた鶏。

HBはミミッキュのゴーストZ+じゃれを耐えてイアのみ発動、Sは1加速で最速ランドロス抜き(だそうです)。

 

テテフが誘った鋼タイプの前で舞ってギャラドスに繋ぐのが主なお仕事。バシャーモギャラドスと並んでいるとレヒレが相当重いのですが、リフレクターや黒い霧を持っていなければ押し切れるので、レヒレの前でも強気に舞ったりしていました。

相手からすると分身バシャーモ以外での半分回復木の実は想定外のようで、バシャーモを削って先制技で倒そうとする動きが多々見られました。他にも相手の裏がバシャーモのフレドラで押し切れる場合はそのまま勝つこともありました。

選出率3位。バシャーモバトンを選んで正解だったと思わせてくれる働きでした。

 

f:id:uguisu-atsign:20171111135236g:image

 

ギャラドス@ギャラドスナイト

性格:いじっぱり

特性:いかく/かたやぶり

メガ前:175(36)-194(252)-100(4)-*-121(4)-128(212)

メガ後:175(36)-227(252)-130(4)-*-151(4)-128(212)

たきのぼり/こおりのキバ/じしん/りゅうのまい

 

おさかなさん。

運勝ち製造魚。エビ(ッキュ)アレルギー。

メガギャラドスそのものを初めて使いましたが、バシャーモバトンのエースとして

・地面無効

・威嚇持ち

ゲッコウガ耐性

・対ミミッキュ性能

などなど、非常に優秀であると感じました。

 

HP満タンでA+1、またはHP半分でA+2であればレヒレも相手にすることが出来るので今度から自分でレヒレを使う時はあと投げで見るのは止めようと思いました。

 

1舞でコケコやメガゲンガーが抜けない点には注意が必要です。

 

パーティのエースとしての自覚があったのか、「怯め!」「凍らせろ!」というの心の叫びによく応えてくれました笑

選出率は記憶している限りでは100%。文句なしのエースでした、お疲れ様!

 

f:id:uguisu-atsign:20171111142345g:image

ボルトロス(霊)@デンキz

性格:おくびょう

特性:ちくでん

175(164)-*-92(12)-175(76)-101(4)-168(252)

10まんボルト/ちょうはつ/めざめるパワー(氷)/わるだくみ

 

おじさん。

カバマンダ軸や受けループへの対策として…とのことだったのですが僕があまり使いこなせず選出率は最下位…。

「絶対出せる!」ってパーティと当たった時は活躍してくれましたが、ほとんど受けループに対してのみの選出でした。 

 

f:id:uguisu-atsign:20171111182914g:image

ギルカルド@ゴーストZ

性格:いじっぱり

特性:バトルスイッチ

155(156)-222(252)-71(4)-*-72(12)-91(84)

シャドークロー/せいなるつるぎ/つるぎのまい/かげうち

 

剣。

ギャラドスだけでは突破出来ないパーティに対して選出します。

バシャーモでバトンすることを考慮してのS振りですが、僕はバトン選出はあまりしませんでした…。

しかしS振りが活きる場面は多く、Sに振っていないバンギを無償で突破出来たりカグヤに余計なことをされる前に剣舞霊Zで吹き飛ばしたりすることが出来ました。

リードマンさんも仰っていますが、霊Zを撃つタイミングは非常に大切だと感じました。

 選出率4位。久々に使いましたが強かったです。

 

 

f:id:uguisu-atsign:20171111203352g:image

マンムー@きあいのタスキ

性格:ようき

特性:あついしぼう

185-182(252)-100-*-81(4)-145(252)

つららばり/じしん/どくどく/こおりのつぶて

 

ぞうさん

主にガッサ入りに対して選出。

最初は微妙だと思っていた毒々は結果としてかなり重宝しました。

つららを2回しか当てないことが多く自覚が足りませんでしたが、選出率は5位。

 

・選出

 

・テテフ+バシャ+ギャラドス

基本選出。というかほとんどこれを出していました。スタン寄りの構築に強く、かなり信頼していましたが信頼しすぎて選出をあまり考えなくなってしまったのは悪かったと反省しています。

 

・ギャラ+ガルド+@1

ナット入りやバナ入りに。最後にはジリ貧になることが多かったです…。

 

・テテフ+ボルト+ギャラドス

対受けループ

テテフとボルトの挑発で特殊受けを崩壊させます。ゲンガーが選出されていなければこの2体で決まる試合も。

 

・重たかったポケモン、並び

ヤミラミヌケニン受けループ

マッチング回数こそ少なかったものの全部負けました。特殊アタッカー2体がヌケニンで止まってしまうのが辛かったです。

 

チルタリス入り

こちらも3回しか当たりませんでしたが全て敗北しました。ガルドを大事にしておけば勝てたのかなぁと思う試合もありました。

 

・臆病最速テテフ

 こちらの先発テテフが突破されるとバシャーモが1加速で抜けず、ギャラドスは挑発でオワオワリ、って感じでした。

 

・最速霊Z呪いミミッキュ

数は減った印象ですがテテフが出オチさせられ、バシャーモに呪いを入れられるとそのまま負けることが多かったです。

 

感想

構築は非常に手に馴染む僕好みのものであったと思います。やはりテテフの調整が絶妙でした。

シーズン序盤からレートを気にせずかなりのペースで潜り続けた結果、なんと瞬間1ページを記録することも出来…⬇︎

f:id:uguisu-atsign:20171111222124j:image

 

またサブロムでも2000を達成し、2ロムとも2000を達成するということも出来ました。

 

 サブロム…最高2087 TN ひばり

f:id:uguisu-atsign:20171111222544j:image

メインロム…最高2030 TN Warblerf:id:uguisu-atsign:20171111222521j:image

 2100に乗れなかったことに関してはすごく悔しかったです。21チャレンジは3回ほどあったのですがどれも苦手な構築を引いてしまいました…。基本選出の強さに甘え、2000を超えても思考停止で選出、行動をしていたことは反省すべき点だと思っています。そもそも最終日までレポートを溜め込んでいたのがどう考えても1番のプレミでした笑

 

それでもバシャーモバトンの強さを再確認でき、最高レートを大きく更新。また瞬間1ページという貴重な思い出ができたので良いシーズンであったと言えるでしょう。

 

 

ちなみに…。

冒頭の「寿司レ」は序盤からレートを競っていたひるまっく君が見事2103を達成し僕の負けとなりました。彼の構築はまさかのアーケオス入り。検索してみてくださいね♪

2年間守り続けてきたサークル内レート最強の王座から部長引退3日前にして降ろされてしまったわけですが、これで引退後も安心だと思います。

 

終わりに、

序盤からガンガンレートを競って、対戦へのモチベーションを大きく向上させてくれたひるまっく(レート2100と寿司本当におめでとう)

最初の2000チャレンジ、及び瞬間1ページに乗るに当たって的確なアドバイスをしてくれたイルマタル

毎週一緒に潜ってくれた紅いビードロの皆、応援してくださったあおいビードロの皆

素晴らしい構築を考えてくださったリードマンさん

対戦相手の皆様

へ感謝の言葉を述べさせていただきたいと思います。ありがとうございました!

 

以上で記事を終わらせていただきます。

コメント、質問等は

Twitter→うぐいす @RIZA_HB

までよろしくお願いいたします

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。

 

p.s

ウルトラサンムーンでは3鳥が入手できるとか…。同じ鳥類としてやはりその内のどれかを使ってみたいですね!